こだま神川カントリークラブの植松支配人さまが立ち寄られました。

Dynasty NEWS

キャンペーンやコンペ・研修会のご案内、店長ブログなどを掲載しております。

ダイナスティプロショップの新商品のご紹介やプレゼント企画などのお得情報、

PGA鈴木プロ・河上プロの「レッスン動画」など、盛りだくさんでお送りします。

こだま神川カントリークラブの植松支配人さまが立ち寄られました。

店長ブログ
2007.05.01

4月30日の夕方、こだま神川カントリークラブの植松支配人さまが当練習場に立ち寄られました。植松さんとお呼びしても私よりずっとお若いので許していただけるでしょう。
ツインレイクスで6年間支配人を勤められた


ジェントルマンです。
植松支配人さんとはツインレイクスさん以来のかれこれ19年来の知己なのです。
私がメンバーだったツインレイクスの女子ロッカー36番を開けなくなってからもう十年以上経ったでしょう。年会費の督促状がアコーディアさんから来ていましたが、払わないでいたら、この三月に会員を首になったようデスね、ハイ。
並み居る会員の預託金をパーにしたけれども今ビジネスとしても採算が取れるゴルフ場になった。結果会員さまがプレーできて喜ぶ。そこで生活する従業員さんも失職を免れる。これでいいのでしょう。長いものには巻かれて、やっぱりアコーディアさんは巨大ザウルスです。
あまた会員さんの持っておられた巨大な金山が、アコーディアさんに確かに移りました。これって、中世の錬金術師も真っ青なウルトラ錬金術だと思われませんか?
ところで、アメリカは国債の利払いに困ると、円高に誘導しますが、次のアメリカ大統領選で民主党が勝てば、恐らくスーパー301条に並ぶ反日法の再来と超円高がやってくるのでしょうね。円高はアメリカにとっては、プラザ合意以来の、具合が悪くなると出てくるウルトラスイート解決技法、言い換えればモルヒネ。一回打つと止められない。また打ちたくなる、何回も続くわけです。ブッシュさんの共和党大統領であった間は日本叩きは沈静化していましたが、大統領が民主党に代わるということは日本にとって悪夢の再来でしかない。円安も手伝って今期も続き空前の利益を出した世界のトヨタさまが、いまアメリカに複数の工場を作るのを急いでいるのは、現地アメリカでの部品調達率を回復させて、日本叩き、ひいてはトヨタ車叩きをを回避したい強い危機感があるとみてよいでしょう。
アコーディアさん、アメリカさま、錬金術、通底するところがある、ですね。
ゴルフ練習場業界ものんきにしていると、Golden Dragonに飲み込まれちゃいますね。でも危機感なさ杉。まず私が、ですが。。。
植松さんとのお話に戻ります。最初は、私が無理なお願いをしていて、「どなたか、ここにある芝管理用エアレーターを買っていただけないかしら?」というお話だったのですが、いつの間にか、Accordiaさんのこれからのビジネス展開のお話になりました。ゴルフレッスンでゴルファー育成、そしてウエア販売も含めたゴルフ練習場業界の、ひいてはゴルフ業界の再編を視野に入れられたビジョンを聞かせていただいたりで、多いに盛り上がりました。
こういう内部事情を書くと、日記らしくなりますね。今日はこれで終わりです。
植松支配人さま、どうぞ宜しくお願い致します。